アクセルワールドTVアニメ、ハルユキと黒雪姫の声優、原作小説 | 大好きなアニメに囲まれて

アクセルワールドTVアニメ、ハルユキと黒雪姫の声優、原作小説

スポンサーリンク

アクセルワールドのTVアニメ

仮想世界と現代が交錯する近未来

アクセルワールドは2012年4月から9月の間で放送されました。

全24話で、アニメーション制作はバンダイナムコグループのサンライズが担当しました。

Amazonプライムに登録、無料で動画見放題、音楽もショッピングもお得に
Amazonプライムに登録すれば動画が無料で見放題に Amazonプライムが人気のわけ Amazonプライムって一体どういうサービスなのでしょうか。 何となく、いろんなことが得になるみたいだけど、会費も必要だし、と二の足を踏ん...

アクセルワールドのあらすじ

量子接続通信と共存する日本

舞台は2046年の日本。

ニューロリンカーと呼ばれる携帯端末を使うウェアラブルコンピュータを用いることで、生活のほとんどを仮想ネットワーク上で行われる世界。

そんな世界でも「いじめ」はなくなることはありませんでした。

そんないじめられっ子のひとり、ハルユキは東京都の私立梅郷中学校に通う中学1年生で、スクールカーストの最底辺に位置する存在でした。

見た目も小柄で肥満体型、性格も内向的な為、幼少の頃からいじめの恰好の標的でした。

嫌な現実から逃れるため、ひたすらローカルネットの片隅でスカッシュゲームに打ち込む鬱々とした毎日を過ごすヒロユキの元に、ある日突然、校内一の有名人、黒雪姫(くろゆきひめ)が訪ねてきます。

「もっと先へ加速したくはないか、少年」

意味深な言葉をかけられ、戸惑いながらも話を聞くハルユキは、彼女からなぞのプログラム《ブレイン・バースト》を託されます。

それはニューローリンカーの量子接続に繋がり、思考を1000倍に加速する驚くべきアプリケーションでした。

加速世界の秘密を教えられたヒロユキは、ブレイン・バーストのプレイヤー「バーストリンカー」となり、デュエルアバターの「シルバー・クロウ」を操り、もうひとつの世界《アクセルワールド》で黒雪姫の騎士として戦うことを決意するのです・・・・。

U-NEXTに登録、無料で動画見放題、アニメにドラマ、映画も!
U-NEXTに登録すれば動画が無料で見放題に 動画配信サービスU-NEXTが人気のわけ U-NEXTは有線放送を行なっているUSENがGyaOを始め、それが現行のU-NEXTというブランドになったものです。 U-NEXTは、見...

アクセルワールドのキャラと声優

主人公はどんな性格?ヒロインとの関係は?

・ハルユキ

本作の主人公は有田春雪(アリタハルユキ)/シルバー・クロウです。

小学校2年生の時に両親が離婚。母親に引き取られ、以降父親とは会っていません。

趣味はゲーム全般で、ハードのコレクションも多数所持しています。シューティングゲーム系が得意で、黒雪姫に並外れた反応速度を見込まれてバーストリンカーになります。

いじめを受けているせいで、自分に自信がなく猜疑心の強い性格ですが、本質の部分は優しく他者への思いやりな溢れています。

バーストリンカーになったあとは多少前向きな性格に変わっていきます。

ハルユキの声優担当は梶裕貴(かじゆうき)です。

多くの有名作の声優を担当している1985年産まれの男性です。アニメ「進撃の巨人」のエレン・イェーガーや、アニメ「七つの大罪」のメリオダスなどを担当しています。

・黒雪姫

本作のヒロインは黒雪姫(クロユキヒメ)/ブラック・ロータスです。

梅号中学の生徒会副会長をしていて、ハルユキよりひとつ上の先輩です。美しい見た目が生徒達の憧れの的となっていて、「黒雪姫(スノー・ブラック)」と呼ばれています。

本名は明かされていませんが、親しい友人には「サッちゃん」や「サッチ」などと呼ばれています。

レギオン《ネガ・ネビュラス》を率いる黒の王でもあります。冷静沈着で毅然とした性格ですが、少々抜けているところがあり、隠れドジっ子と称されるなど、周りからは放っておけない存在だと思われてもいます。

声優担当は三澤紗千香(みさわさちか)です。

2009年に「KADOKAWA×UP-FRONT STYLE アイドル☆声優オーディション2008」で約1500人の中から選ばれてグランプリを受賞しています。

本作の新エンディングテーマでCDデビューもしています。

dTVに登録、無料で動画見放題、アニメにドラマ、映画も!
dTVに登録すれば動画が無料で見放題に 動画配信サービス「dTV」が人気のわけ ドコモの携帯持ってないけど大丈夫? 確かに、dTVはNTTドコモが提供している動画配信サービスです。 エイベックス通信放送というドコモとavex...

アクセルワールドの原作小説

著者はどんな人?刊行数は?

「アクセルワールド」は川原礫(かわはられき)が著者のライトノベル小説です。

著者はサイクリングが趣味でイラストも堪能。同人誌などで自らのイラストを書いたり、著作のカバー折り返しなども書くほどです。

2002年から九里史男(くのりふみお)の名義でオンライン小説を発表していました。代表作「ソードアート・オンライン」が人気となり、その後ゲーム化もされます。

「アクセルワールド」は小説投稿サイト『Arcadia』に攻打引(せめだいん)名義で投稿した作品で、題名は「超絶加速バースト・リンカー」でした。

第15回電撃小説大賞の大賞を受賞した際に、タイトルが不評だった為、「アクセル・ワールド」に改題されました。

24巻まで刊行されています。

U-NEXTに登録、無料で動画見放題、アニメにドラマ、映画も!
U-NEXTに登録すれば動画が無料で見放題に 動画配信サービスU-NEXTが人気のわけ U-NEXTは有線放送を行なっているUSENがGyaOを始め、それが現行のU-NEXTというブランドになったものです。 U-NEXTは、見...