テニスの王子様全国大会の決勝戦のネタバレ、アニメは無料動画で! | 大好きなアニメに囲まれて

テニスの王子様全国大会の決勝戦のネタバレ、アニメは無料動画で!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

テニスの王子様全国大会篇のあらすじ

関東大会を勝ち上がった青学

「テニスの王子様」では、主人公・越前リョーマの所属する主役校、青春学園(通称・青学)が全国大会を優勝し日本一を目指すまでのエピソードが描かれています。

青学は強敵・氷帝を倒して関東大会を勝ち進み、比嘉中、四天宝寺中に勝利。決勝戦では宿敵である「立海大附属中学校」と戦います。

Amazonプライムの30日間無料体験の詳細はこちら

テニスの王子様全国大会篇の最終決勝

試合は最終局面へ!しかし、リョーマは…

この試合の始まる前、なんと…リョーマは記憶喪失になっていました。

今までの大会やテニスのことを何もかも忘れてしまったのです。

先輩や他校の選手から「生意気」と言われるほどの、自信に満ち溢れた姿は失われ、おどおどとした普通の中学生に…。そうしているうちにどんどん時間が流れ、試合は進んでいきます。

この最大のピンチに、現れたのは氷帝の跡部ら、過去に戦ったライバルたち。

皆の協力のおかげで、リョーマは再びラケットを握り、記憶を取り戻します。

そうして、2勝2敗で迎えた最終決戦。勝敗は最後の試合、シングルス1の「越前リョーマVS幸村精市」に託されます。

U-NEXTの31日間無料トライアルの詳細はこちら

テニスの王子様全国大会篇の最終決勝のネタバレ

「神の子」と呼ばれる幸村精市

幸村は、どんなボールも正確に返す神業的スキルがあることから「神の子」と呼ばれるほどの実力の持ち主。

難しいボールも必ず返球するため、対戦相手は試合が続くにつれて「どこに打っても返されるイメージ」が脳裏に植え付けられてしまい、次第に戦意を失ってしまうのです。

また、一時的に「五感を奪いとっていく」という恐ろしいスキルもあります。強すぎる幸村を前に、リョーマも苦戦を強いられていきます。

dTV31日間無料キャンペーンの詳細はこちら

テニスの王子様全国大会篇の最終決勝の結果

青春学園、ついに…

粘る返球を見せる幸村。

しかし、リョーマは試合の中で「天衣無縫の極み」に到達します。

「天衣無縫の極み」とは、己の限界を超えた者だけが辿り着ける「無我の境地」、その奥にある三つの扉の内の一つ。

最後の開かずの扉であり、最終奥義です。全身が眩いばかりのオーラに包まれ、爆発的な力を発揮したリョーマは、最後の一球を返し、6-4で幸村に勝利します。

ここから、「DearPrince~テニスの王子様達へ~」という作者の許斐剛氏が作詞した歌が流れ、最後の場面が描かれます。

リョーマは胴上げされたのち、幸村と固い握手を交わします。感動的な表彰式のシーンで、全国大会編は幕を閉じるのでした。

U-NEXTの31日間無料トライアルの詳細はこちら