dTVの解約は無料お試し期間内なら費用はゼロ、スマホでもOK! | 大好きなアニメに囲まれて

dTVの解約は無料お試し期間内なら費用はゼロ、スマホでもOK!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

dTVの動画配信サービスの無料お試し

申し込み前に、きちんと調べておこう

いま、ネットではいろいろな動画配信サービスがあります。

まあ、どれもだいたい、無料でお試しできますが、場合によってはお試し期間に、自分には合わないな、と感じて、結局、解約をしたくなるかもしれません。

ここで、解約をし忘れると、月々の費用が発生してしまいます。従って、いつまでにどんな風に解約するか知っておいたほうがいいのです。

dTVについて説明

dTVは、映画・ドラマ・アニメ・音楽など、全部で約12万作品がなんと月額500円(税抜)で見放題になっています。

圧倒的なコストパフォーマンスが特徴で、簡単な登録ですぐ楽しめます。

ドコモケータイ回線がなくても大丈夫です。

主な配信ジャンルとしては、洋画、邦画、国内ドラマ(見逃し配信は一部レンタル)、海外ドラマ、韓流・華流ドラマなどに加えてバラエティ、アニメ(見逃し配信含む)、音楽、などです。

ただし、新作映画はレンタルにて視聴できる仕組みになっているので気をつけましょう。

視聴可能デバイスはスマホ、タブレット、PC、テレビと、マルチデバイス対応です。

視聴できる画質はSD/HD/4Kで、ダウンロード機能を使えば、ネットにつながってなくても見ることができます。

会員限定のスペシャル特典として、オンライン試写やプレミアムイベントへの招待、オリジナルグッズのプレゼントがあります。

dTVの解約理由はいろいろ

人それぞれの楽しみ方がある

こういったネットでの契約で気をつけなければならないことがいくつか覚えておきましょう。

というのは、実は、無料期間だけの登録でも正式アカウントと同じ仕組みで登録されているのです。

要するに、無料期間だけの利用にも関わらず、クレジットカードなどの情報の入力を要求されているのです。

そして、31日間の期間内に解約しないと、本当に、自動的に、登録時のアカウントで有料会員に移行してしまうのです。

→→→dTVの解約はこちら

dTVのメリットはお試し期間に納得

この期間の間に、メリットとデメリットを理解

もし、無料期間だけの利用で終了したい場合は、登録から31日以内に解約手続きをしなければならないのです。

もし、1日でも解約が遅れると、1か月分の月額料金である500円(税別)が請求されてしまいます。

ただし、無料お試しを解約した瞬間から動画は見られなくなりますので、ご注意してください。

dTVの解約を忘れると自動的に継続に

決断は早めにできるほうがいい

今まで説明してきたように、dTVは無料お試しを解約すると、無料期間が残っていたとしても、解約の手続きをした時点で無料で視聴できるコンテンツが視聴ができなくなります。

ということは、解約しなければ31日間は見ることができたはずの無料視聴対象の作品が、解約によって一切見れなくなるというわけです。

となると、解約手続きは、できる限り期限ギリギリまで伸ばした方がお得だということですね。

→→→dTVの解約はこちら